head_img

航空身体検査受診のご案内

当院では検査希望の皆様に、あらかじめお電話にてご予定の調整をお願い致しております。 なお休診時間内におきましては留守番電話になっておりますのでお名前、お電話番号、ファックス番号などをお知らせいただければ、後ほど調整のためのご連絡を差し上げます。また当院の場所、道順につきましては地図のページをご覧ください。 通常午後2時頃より開始させていただいておりますが、ご希望により開始時間の変更も検討いたします。 新規、初回の方には脳波検査が必要です。当院では他医(津島市立 津島市民病院 /最寄り駅:名鉄津島駅 0567-28-5151)に検査を委託しておりますので別の予約も必要となります。 この予約は当院から行いますが、脳波の結果判定までには2週間程度かかることがありますので、支障なく検査を終了するために、事前に脳波の検査予約を取っていただき、その検査後、通常の身体検査を開始することをお奨めいたします。(航空法上、検査開始日から一ヶ月以内にすべての検査を終了しないと検査全体が無効となってしまうため)。初回、新規検査の方は特に時間的な調整が大切です。この点にご留意ください。 記入用紙は国土交通省交通局のホームページからダウンロードしA3にプリントしたものも使用できます。

受診の際ご持参いただくもの

初回の方(技能証明を取得して最初の航空身体検査の場合) 新規の方(初めて操縦練習許可証を申請する場合) 更新の方(初回、新規以外の方で前回の身体検査証明の有効期限内または期限が切れているの場合)
1:初回の方---すでに入手されている技能証明書 新規のの方---次の2:以下のものを用意してください 1:技能証明書(当院にはじめて受診される方のみ必ず持参)
2:印鑑 2:前回の検査の際の航空身体検査証明申請書の控え(A3の用紙)
3:必要な方のみ眼鏡(及び予備眼鏡) 3:印鑑
4:健康保険証 (疾患がある場合その項目検査は健康保険で行います) 4:必要な方のみ眼鏡(及び予備眼鏡)
5:本人確認の為の写真付き証明書(運転免許証、学生証) 5:健康保険証 (疾患がある場合その項目検査は健康保険で行います)
以前に「大臣判定」にて合格または条件付き合格となったことがある方は、その通知書ないしコピーなど内容の確認できる書類をご持参ください。
航空局の指示により予備眼鏡の検査も必要となりますので、飛行に使用する眼鏡と同等の予備眼鏡を御持参ください。

検査費用(健康に問題なく追加検査のない場合)

初回の方 更新の方
1:眼科検査(近所の眼科医で行います) 1:眼科検査(近所の眼科医で行います)
1種 3,500円 1種 3,500円
2種 3,500円 2種 3,500円
2:その他の検査(疾病などのため検査が必要な場合の費用) 2:その他の検査(疾病などのため検査が必要な場合の費用)
1種 29,300円 1種 27,250円
2種 29,300円 2種 27,250円
3:脳波検査(津島市民病院での支払い)  
練習許可証,1種,2種の方共    10,920円  
滑空機のみの操縦練習許可申請の場合には状況により省略できる項目もありますが詳細についてはお問い合わせください。
以上の費用は保険点数や税制の改正があった場合若干変更となる可能性があります。

外国で免許を取得された方は以下の点をご確認ください。

日本の操縦士技能証明への書き換え申請から交付には時間がかかるものと予想されます。 いつでも航空身体検査自体は実施可能ですが、法により技能証明の交付されていない方には航空身体検査証は交付できないことになっています。 また検査開始から完了までには1ヶ月以内という制限がありますので、技能証明の交付を待って受診されるようにお願い申しあげます。 なお日本の航空法の諸規定は事前にご自身にて必ずご確認ください。


お問い合わせ

icon 電話番号0567-28-3005 icon
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


ページトップに戻る


inserted by FC2 system